藤村麻紀の「Go with the FLOW」

藤村麻紀の Go with the FLOW 第18号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
藤村麻紀の Go with the FLOW 第18号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

皆さん、こんにちは!
藤村麻紀です。

5月26日から6日間にわたり行ってきた4thアルバム「Yours」
発売記念ツアー、本当に連日満員で、めちゃくちゃ盛り上がって
終了することができました。

応援して下さった、そして、会場に足を運んで下さった皆さんのおかげ。
ありがとうございました!!
ほんまにね、めっちゃ嬉しかった。
メンバーも、ほんまに素晴らしい演奏をしてくれました。
ありがたい。

最終日とか、酸欠ライブでしたね(笑)。

ツアーが終わって少しはゆっくりできるかと思いきや、
翌日朝から大学で授業がありまして、ためてた仕事がてんこもり待ってました。
あぁ、現実が受け入れられない(笑)。

それに並行して早速、先行予約でCDお申込み頂いた皆さんにお送りする特典を
色々作っておりましたよ!
めっちゃおもろいです(笑)。
送りますので待っててくださいねー!!

えー、私も欲しかったなー!
というあなた、大丈夫、ちょっと考えてます。
詳細は次回!

そして本日は「常識」です。
詳しくはコラムにて。

★ 今号の目次 ★

【1】オススメライブ情報

【2】ありがとう♪ 皆様からの声

【3】藤村麻紀 描き下ろしコラム ~しゃべるように、うたう~

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■【2】ありがとう♪ 皆様からの声
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

派遣で仕事をしています。
仕事も面白くなく、毎日の生活に全くやる気がなかった私でした。
5年付き合った彼と別れた上に、上司とも些細なことでもめて…
大げさなようですが、人生というものに本当に疲れていたのです。
もう仕事も辞めて、田舎に帰ろうかな…そんなことを思っていました。

そんな時に、友人から藤村麻紀さんのライブに誘ってもらいました。
正直に言えば、ジャズなんて知らないし、英語なんてわからないし、
友達が来いと言うから仕方なく付き合いで行ったのです(ごめんなさい)。

衝撃でした。
なんだかわからないけど、頭の中で映画のように広がる風景。
めちゃくちゃ上手い、とか失礼ですが、とにかく衝撃でした。
MCで笑わされ、歌に引き込まれ、気づいたら心を揺さぶられて泣いていました。
「In the hush of night」で、別れた彼を思い出して涙が出ました。

辛かったね、でも大丈夫だよ、と言ってもらった気がしました。
明日からやっぱり頑張ろう、私も感謝して過ごそう、そう思いました。

紹介してくれた友人に、感謝しています。
また、元気もらいに行きます!

(まめこさんより)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■【3】藤村麻紀 書き下ろしコラム ~しゃべるように、うたう~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今、私のところにも、日々大きな変化が訪れています。

人は本質として変化を嫌う生き物です。
「知らないこと」「経験したことがないこと」は怖いのです。
だから、変化せずに慣れ親しんでいるものの方が居心地がいい。

これを「コンフォートゾーン」と呼びます。
ここにいると、危険がなくて、居心地がいい。
何もしなければ、批判されることもなく、攻撃されることもなく、
失敗することもない。
みんなと同じだと、正しいような気がするからね。

でも、進化するのは、怖いけど、怖いんやけど、
そのコンフォートゾーンから自ら外へ足を踏み出した者だけです。

大抵の場合、踏み出した者は批判されたりします。
「もっと常識を守れ」とか
「普通に考えてダメでしょ」とか。
そういうの、本当に常識的な、マナーを守った大人がよく言わはりますね。

そこにいれば、多分大きな苦難も、トラブルも、痛いこともないのです。
でも、きっと大きな幸せも、心が震えるような喜びも、ない。
他の人と同じ場所にいることはできるけど、
本当の自分を見つけることも、多分、ない。

ある人の言葉です。
常識を守らない、めっちゃ苦労した人(笑)。

「常識の裏側にあるもの、それは恐れ」
「私は、それを受け入れることを拒否する」

失敗や、批判への恐れかもしれない。
経験したことがないものへの恐怖かもしれない。
大多数の人と違う、というレッテルへの不安かもしれない。

でもその人は、周りの人の「常識的に考えて、無理だ」という助言を拒否して、
コンフォートゾーンの外に出て、1955年、カリフォルニアに、当時としては
非常識なテーマパーク、ディズニーランドを建設しました。

ウォルトディズニーのようにはいかなくても、

「常識」という枠の中に自分を無意識にはめ込んで、制限していないか。
変化を恐れて、動かないという選択をしていないか。

そんなことを考えた日々でした。

変化を恐れず、進化しよう。
いつもゴキゲンで、笑っていられる自分でいよう。

日々が美しいものでありますように。
またライブ会場でお会いしましょう!

Calendar

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<<2018/12>>

Archives