Blogまきをの独り言

ヴァレンティヌス祭り!

世間では、昨日はバレンタインデーというイベントだったらしいですね!笑

盛り上がっていたのでしょうか。
盛り上がっていたのでしょうね。


正月に続き2月最大のイベントは節分だと思っている私にとっては、もうすっかり世捨人みたいな関わりとなっています。

なんせ昨日、そして一昨日は大学の卒業試験。
その他のイベントどころではありません。
まぁ、今年はたまたまバレンタインデーに当たった、いうだけやねんけど。笑

卒業試験についても多分そのうち書きますが、学生はほんまによう頑張ってて、みんなもうね、ほんまに素晴らしかった。
本番3月17日、なんばハッチが楽しみです。

彼らも今年はバレンタインデーどころではなかったかも…いや、彼らはそれはそれなのかも(*´艸`*)

バレンタインデーて、300年頃にローマで殉教した、聖ヴァレンティヌスに由来しているのね(St.Valentine's Dayが英語表記)。

もともとローマのお祭りは2月15日、ルペルカリアという豊作祈願のお祭りやったわけですね。
実はそのお祭りは、男女のパートナー決め(結婚相手を決める)みたいな要素のあるお祭りで、まぁ日本でも昔は祭りってそういうのんでしたからね、ほんで盛り上がってたらしいのですね。

でも実は、時は中世十字軍の時代。
恋人が故郷にいると士気が下がるということで、兵士の結婚は禁止されていたのです。
それをわかっていて、キリスト教の司祭だったヴァレンティヌスは、密かに若い2人をかくまって結婚させていたわけですね。

そんなことを重ねて、いつしかバレるわけです。

当時のキリスト教はローマでは異端として迫害されてましたから、当然捕らえられます。
そして、そのルペルカリアの祭りの前日、見せしめとして処刑されたわけです。

その後キリスト教徒の間ではヴァレンティヌス、英語読みでバレンタインが聖人として列せられ、処刑された2月14日が恋人たちの日、今のセントバレンタインデー、となったのですね。

決して女子が男子にチョコレートをあげる日ではありません。笑

だからもらえなくても男子は落ち込まないように。
正しい記念日をお過ごしです。

女子もどなたかにあげなくても、作らなくても大丈夫です。
それは女子力とは関係ありません、歴史的には。

ちなみにアメリカでは、男女の区別なく相手に愛を伝える日とされています。
ヨーロッパでもそうですね。

さぁ世の中の男子よ、怖気付くことなくバレンタインデーには自ら告白していくのだ!!
俺はグローバルスタンダードだ、と言えば大丈夫やから!!

…そしてちょっと勢い付いたこの感じでやりますよ、洋楽名曲特集Vol.2!!
今回はマイケルジャクソンとか、イーグルスとか、クイーンとか、ホイットニーとか、色々やります(≧∇≦)

ちょー大変。笑

皆さん、是非!!

◆2月17日(水)
梅田 Royal Horse
Open 17:00
Start 19:00 / 21:00 入れ替えなし
Charge 3000

藤村麻紀(V)
安次嶺悟(P)
西田 まこと(G)
川辺 ぺっぺい(B)
ロベルトカジヤ(Perc)
佐藤 岬、大塚 ひろこ(Cho)

Calendar

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<<2022/11>>

Archives